親にお金を借りる時の言い訳

親にお金を借りる時にはしっかりと理由を説明するとともに、そのお金をどのように使うのか、そして返済はどのようにするのかということをハッキリとさせるようにします。基本的には書面で出すのがいいでしょう。そうすることで覚悟というものも伝わりますし、親も安心することが出来ます。
親にお金を借りる時にあまりお勧めできないのが、言い訳をすることです。言い訳をしても何も解決しないからです。お金が必要になった説明は必要ですが、これを言い訳にするのではないのです。多くのケースであまり良くないことをして、お金が必要になることがありますが、そのような時でも隠さないでしっかりと説明をすることです。そして、良く無いことであればしっかりと反省を態度で示します。それが返済計画でもあるわけです。また返済の他に家の事を手伝ったり、これまでの言動を反省するなどの謝罪を加えてもいいでしょう。言い訳と謝罪は明確に違います。言い訳は単に自分が悪くないという反省が見られないものですが、謝罪は自分の良くないところを認めて、これを反省して次からの行動を改めるという意思を見せるものです。こうすれば親も認めてくれる可能性はかなり高くなるでしょう。
親にお金を借りるとときには、大抵は金利なしで返済期限もかなり長くしてくれるでしょう。こうした破格の条件でお金を借りることは通常の金融機関ではありえないことです。こうしたことをしてくれる親に感謝する気持ちで出来ることは全てしてから、お金を借りるようにします。
お金を借りるには?【今日中にお金を借りる方法ナビ】はこちら

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.