スマホ老眼のチェック法と予防法

スマホ老眼になっているかチェックする方法として、次の項目が該当する場合には、その可能性があります。
まず、夕方になると、昼間のようにものが見えなくなってしまう。小さな文字がみえにくい。近くの物を見ると疲れる。メールを打つときに打ち間違えてしまう。本や新聞を見るときに意識的に遠ざけてしまう。本を読むよりもテレビを見る時間が多い。肩こりや頭痛などの症状がある、長時間目を酷使すると、吐き気を感じてしまう場合があるなどのうち、2つ以上当てはまる場合にはスマホ老眼になっている可能性があります。
チェックする方法として、人差し指を指紋がぼやけて見えるくらいの距離で、目の前にかざし、そのまま少しずつ遠ざけていきます。そして、指紋がはっきり見えたところでストップし、この距離が30センチを超えていると、手元が見えづらいということになります。しかし、この方法だと、人によっては、遠視や乱視などがある場合もあり、一概にはこの方法でちゃんと確かめることができないということがあります。
もし、当てはまるようならば、スマホの使い方を見直す必要があります。まず、使用する際には目からなるべく離して使う、画面の明るさをなるべく暗く設定する。意図的に瞬きを増やす。近くばかりを見ていると眼への負担が増えてしまうため、時々遠くを見つめる。などの方法があります。
他にも、ブルーライトをカットすることができる眼鏡などを利用するといった方法があります。
関連サイト

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.